-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-03 00:58 | カテゴリ:ことば
たかが あいうえお されど あいうえお


私の留守の間に園長先生がお手紙と絵葉書と写真と
あいうえお論語 を送ってくださいました

P1030333_convert_20101130115016.jpg

↑ご存知の方、いらっしゃいますか??


江戸時代、岡山藩の教育を司る閑谷学校では孔子の教え・儒学が
人づくり、国づくりの為には大切だと考えられ、教えられてきました。
その庶民教育の殿堂が昔のままの形で残され、閑谷学校では
現在も国宝の講堂でその教えが伝えられているそうですが、
その教えの中から特によく理解して日常に生かしてもらいたい、
と抜粋されたのがこの本だそうです。


中身をちらりと覘いてみるとこんな感じ。

P1030334_convert_20101130114353.jpg

論語のカルタ版のようになっており、
あいうえおetc・・で始まる論語とその意味が記されています。

この本、面白いです!!

内容を書いたらいけないと思うので(著作権乱用)詳しくは書けませんが、
孔子が人格を築く為に4つものを断ち切った、それは何であるか、
お年寄り・友達・若い人にはどのように接し、どう思われるのが理想であるか、
自分にとって為になる友達の3種類のタイプとはどのようなものか、
など日常生活において、どれも大切な事・生かせる事ばかり記されています。

とくに3番目の項目では、私が日頃最も人との付き合いのなかで重きをおいている
偽りがなく信頼の寄せる事が出来る人
という事が書いてありました。

すごく納得です。

信頼って、どんな関係に於いても一番大切。
信頼は築きあげるのは非常に大変ですが、
小さな嘘でも、信頼はあっという間に崩壊します。
そして、一度壊れた信頼を取り戻すのは、
ゼロから築き上げるよりも何倍も苦労する。

これは子供の頃から、父からよく言われていた事でした。
子供の頃はよく分からなかったけれど、大人になってみて
どうでもいい小さな事でさえ嘘をつく人が意外にいるものだと知り、
父の言葉の重みを感じ、ショックを受けた事がありました。



園長先生のお手紙の最後には
この教えを日常の糧にして下さい
とありました。

勿論です!!


この論語集を読み、やはり園長先生は素晴らしい人だと再認識しました。
子供の頃の私にとっては、園長先生は一緒に遊んでくれる
優しくて楽しい先生でしたが、今は大尊敬をする大好きな先生です。


綺麗な目をしている園長先生の秘訣、
まだまだ沢山ありそうです!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/74-8948b6e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。