2017-02-12 23:40 | カテゴリ:未分類
先日Blogに願掛けとして書いたコンクールのお話。

結果、一人が奨励賞を受賞し、
受賞者披露コンサートに出場する事になりました。
カテゴリー中で一番低い年齢でしたが、
よく頑張ったな~と思います

もう一人もとても上手に弾いていたのですが、
コンクール自体のレベルが高くて、
正直☆ちゃんには背伸びのコンクールでした。
なので、予選突破出来た事だけでも素晴らしいし、
講評はとっても褒めてあったので、
彼女のステップとしてはとても良い経験だったと思います。

でも、一つ思うことは
”やはり習い初めが肝心”と言う事。

受賞した生徒は私が初めから教えている生徒で、
もう一人は他のお教室から鞍替えをしてきた生徒。
2人を見ると、特にテクニックに雲泥の差があり、
素晴らしい感性があっても、やはりテクニックがないと
追いつけないところがある事を痛感しています。

世の中には本当にイロイロな先生がいますが、
専科でない人が教えていたり、
惰性で教えている人も沢山います。

自分の子供には、しっかりと目を見開いて(笑)
良い先生を選んであげたいと思いました。
特にハートは大事ですよね


スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/715-1dc83fd2