-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-08-10 00:27 | カテゴリ:未分類
お盆前のレッスンも終わり、
実家に帰省しています。
やっぱり実家は最高ですね
子供も毎日楽しそうです!

月曜日に帰省したのですが、
それを機に子供の断乳を始めました。

理由は
・ご飯を最近全然食べてくれないこと
・健診で「そろそろ止め時よ」と保健婦さんに諭された事
・おっぱいを就寝前後に飲んでいると虫歯リスクがあがる事
・自分の治療が(投薬)出来ないこと

一番の理由はご飯なのですが、
帰省すれば楽しい事が沢山あるし、
両親が助けてくれるので断乳しやすいと思い、
いきなりしてしまいました・・・

本当は言い聞かせてからしないといけなかったらしく、
それを全然知らなかった私。
断乳は子供が気を狂ったように泣く、というのは聞いていましたが、
勿論我が子も突然母乳がもらえず、
就寝時、1時間以上泣きわめき、
子供は疲れて果てて寝てしまいました

その後ネットで色々と調べたところ、
断乳する前には「もうそろそろ母乳はお終いだよ」
と言い聞かせをするのが常識(?)らしい事に気がつき、
自分の親としての自覚のなさ、ショックのあまり泣いてしまいました

忙しさを言い訳にするとは最低ですが・・
育児に追われる平日と仕事と育児に追われる仕事日、
ほっと一息つく時間には家の雑用etc・・
断乳について調べる余裕がありませんでした。

なんてママなのでしょうか。
保健婦さんの「授乳をしている事はこの子のためにならないのよ」
という言葉が脳裏から離れず、もう止め時だと思い込んでいました。

周りはみんな1歳半までには断乳を決行していたので、
「今も授乳しています」というのが何となく気が引けていたのも事実です。

でも、本当はそんな事を恥じる必要はなかったんですよね。


1歳3ヶ月の時に「そろそろ止めよう」と思った事があったのですが、
それを察知してか息子の授乳回数が増えてしまい、
全然やめられなくなってしまってい、今に至っていました。

そのせいか、前から食べなかったご飯は
最近はさらに輪を掛けて食べなくなり、
食べないものだから便秘にもなり、悪循環でした。

小児科に便秘薬を貰いに行けば医者は
「このまま飲み続けるの?」と私を咎めるし、
食事改善だって何だって頑張っても便秘が治らず困っているのに、
医者にはさじを投げたような事を言われるしで、
もうぐったりでした。

でもそんなのは親の勝手だったのでしょうか・・・
好きなだけ飲ませて続けて卒乳を目指せば良かった。

今となってはただ、そう後悔するばかり。

でも断乳は途中でやめる事はとても良くないことで、
今更後にも引けなくなり、断乳を続けるか否かの狭間で悩んでいるうちに
断乳してから1日が過ぎ、本当に後戻りできなくなってしまいました。

子供の精神が病まなければ良い。
今はただそれを願うばかりです。

スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/698-c7f6932e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。