-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-08 01:15 | カテゴリ:音楽教室
最近Blogの更新もままならず・・

「何だか気忙しいなぁ」
と思っていたのですが、
その最大の理由は
”生徒達がコンクールを受ける事”
にあったのだと、やっと気がつきました。

何があったのか分からないのですが、
急に複数の生徒達がやる気を出して
「コンクールを受けてみたい」
と言う様になりました。

何処でスイッチが入ったのか、
私には全く不明なのですが・・・


「コンクールは発表会と違いますから」
という事を生徒と親御さんにお話をして
指導をしているのですが、

う~~ん。

出来はイマイチ。
上手に仕上がっていません。

今の生徒達の課題は
「注意された事を確実に直す事」


私も含め、皆そうだと思うのですが
「弾ける様になってきたなあ」
と思っている段階では、実際には
”弾けた気分”になっているだけです。

「ピアノが弾けるってどういう意味なのだろう」

最近よく考える事なのですが、
指を動かして音符を音にする事が
”ピアノを弾く事”
では決してありません。

”音楽を本当の意味で奏でる”って
そんなに容易に出来るものではないと思うのです。


ウィーンの師匠の印象深い言葉の一つに
「大切なのは
何を弾くかではなくて
どう弾くかだ」
という言葉があります。

思慮の浅い人には、
その真意は分からないと思いますが、
その意味をよ~く考えて、
音楽家は演奏をしなければいけないと思います。

P1040673_convert_20130607191147.jpg
@綺麗な日本三景・松島


音楽は奥が深いものなのです。

記事を書きながら、自分にも戒めていますが
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/519-9da0d417
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。