2012-12-07 01:12 | カテゴリ:飲み物
毎朝必ず豆から挽いてコーヒーを飲むほど
コーヒーが大好きなコーヒー族ですが(笑)、
たまに美味しい紅茶で頂くTea timeも好きです。

紅茶を淹れる時は大抵、何のお菓子を頂くかによって決まります。
コーヒーでは風味が消えてしまうお菓子もありますからね。
でも、最近ではそういうお菓子は食べなくなりました。
日本に帰ってきてからは”和菓子”に釘付けなので、
そういう時は日本茶なのですが、これがまた至福の時です

ま、それはさておき。

先日記事にした、マレーシアのお土産ですが、
実はドリアンの飴と一緒に
マレーシアで有名な紅茶も頂きました。

マレーシア=紅茶で有名?!
紅茶ってインドじゃないの??

全くこの図式を知らなかったのですが、
このBOHというメーカーは英国王室御用達の一つだそうです。
P1040507_convert_20121115020804.jpg

マレーシア産で何故、英国なのか。

それは大昔、マレーシアはイギリスの植民地であったことに
由来しているのですが、BOHの紅茶が作られている
キャメロンハイランドは英国統治時代から
紅茶のプランテーションで有名でした。

そのキャメロンハイランド高原ですが、
・熱帯雨林気候による膨大な降雨量と温暖な気候、
・長い日照時間、
・昼夜の温度差、
・適度な霧の発生、
・水はけの良い弱酸性の土壌など
 
により、紅茶栽培には理想的な環境であり、
非常に豊かな風味と香りを持っているそうです。
年間生産量が、わずか4000トンということもあり、
紅茶通には「幻の紅茶」と呼ばれ、非常に高い評価を受け、
英国王室やマレーシア王室で愛飲されているそうです。


・・と美辞麗句を並べてみたワケですが(笑)
お味の方もそれに匹敵するくらい、とても美味しいです。

コーヒーならば少しはコメントも出来るのですが、
紅茶は通ではないので、的確な表現は出来ませんけれど・・

普通の紅茶よりも遥かに美味しい事には間違いありません!
皆さんも機会がありましたら是非試してみてくださいね。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/478-d01402db