2012-09-30 01:51 | カテゴリ:ことば
秋の味覚、栗。

P1040437_convert_20120928015349.jpg

桃栗三年柿八年


*芽が出て実がなるまでに、桃と栗は三年、柿は八年かかるということ。
また、何事も成し遂げるまでには相応の年月が必要だというたとえ。


何事も、やはり自分で経験してみないと
本当の意味では理解出来ないと思います。

言葉では、頭では分かっているつもりでも
自分がその苦労をしていなければ、
同じ苦しみを感じている人の気持ちを理解する事は出来ません。

苦労をしている人は他人の痛みを理解できるので、
他人に対して優しくなれると言いますが、
ホントにその通りだと思います。

だから、今までの様々な苦悩は人の痛みを知れる様にと、
人を想い遣れる人間になれるようにと、
神様が与えてくれたんだと思います。

きっとそうに違いない。

その苦悩は無駄なんかじゃなくて、
むしろ学びの宝庫だったんだな、と思います。

全ては必然。
人生って上手く出来ているんですね。

スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/442-77c89bb6