-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-10 00:54 | カテゴリ:東日本大震災
もうすぐ震災から丸一年が経とうとしています。

3月11日は自分の中で静かに祈りをささげたいので、
11日に代わって今日記事をUpしたいと思います。

あの日から本当に1年経ったのかと思うくらい、
あっという間に再びこの時を迎えてしまいました。

はっきり言って今はあの日の事を思い出したくないです。
思い出すと涙が出てきて、胸が苦しくなります。

忘れてはいけないし、皆さんにも忘れて欲しくはないですが、
でも、この時期になると私は思い出したくない。

先月までは震災関連のニュースも平気だったのに、
今週は辛くて見る事が出来ません。
生徒のお母様も、そう仰っていました。

P1020681_convert_20110404004332.jpg

震災の日はとても寒い日でした。
まさか家の近くまで津波が来るとは予想しておらず、
避難してもすぐに家に帰れるだろうと思っていました。
でも、あの揺れがここまで被害を拡大させてしまいました。

TVで始めて被害の甚大さを知った時、
これが本当にこの世の出来事なのかと目を疑いました。
そして、我が家と数分歩いた先がまるで天国と地獄のような
様相を呈しているのを目の当たりにした時、
私は自分が今一体どこに居るのか、
あの世なのか、この世なのか、分からなくなりました。

3.11以降は毎日、自分はとても悪い夢を見ているのだと思っていました。
だから、朝目が覚めたら周りの風景も元に戻っているはずだと、
そう思いながら、毎日朝を迎えていました。
でも結局は現実そのもの。

自分達だけが助かってしまった事、
同じ界隈なのに自分達だけが津波の被害を逃れた事、
家を失った人が沢山居るのに、
自分達は不自由なく自分の家で眠る事が出来る事。

犠牲になられた方に申し訳ない思いでいっぱいで、
毎日何をするにも上の空。
そんな状態で、私は3ヶ月を無駄に過ごしてしまいました。

震災から2週間は大好きな音楽も受け付けられなくなり、
その後3ヶ月間は震災のTVしか見る事が出来なかったのに、
今では何不自由ない、元の生活をしています。

こうやって、時と共に思いは風化されていくんだな・・
と思うと、何とも言えない悲しい気持ちになります。
でも、自分は前を向いて歩いていかなければなりません。

嫌な事があっても、苦しい事があっても、
私を育ててくれた両親、面倒を見てくれた兄弟・親戚、
助けてくれた友人達、親身にご指導下さった師匠達、
そして、震災の時に心配してくれた沢山の人達の想いに感謝して、
その感謝の気持ちを忘れないで、前をしっかりと見なければ。


2011.3.11 Pm.14:46
忘れたくても、一生忘れる事が出来ない日。

どうか犠牲になられた方々が安らかな眠りに就けますよう、
心からご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/307-fd35edca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。