2012-01-29 01:27 | カテゴリ:ウィーン生活
ウィーンにいた頃は毎日レシピ本を眺めていました
お菓子を作るのは食べるよりも好きで、
お菓子を人にあげるのも食べるより好きでした
そして、何よりも一番好きだったのは
おそらくレシピを読む事だったのだと思います

そのくらい、お菓子の本を読むのは大好き。
P1040022_convert_20120129004342.jpg

むこうの本(洋書)は結構可愛いものが多く、
本にリボンが付いていたり、スプーンが付いていたりします。

そして、何と言っても分量がとてつもなく多いです。
「一体何人で食べるんだろうか・・」というくらい。

なので、いつも私は適当に分量を変えたりアレンジして、
自分のお気に入りの改良レシピを書き集めていたのですが、
なんと、その一番大事な肝心のレシピを
”荷物が重すぎる”という理由だけで
完全帰国の際に持ち帰るのを断念してしまいました

今思うと「何故あんな事をしたんだろう・・・」
と悔やまれてならないのですが、時既に遅し。

私の手元にはもうありません・・・

あああぁぁぁ

未だに後悔の念は消えませんが、
でも「このレシピ本がある限りはいつか必ず又作れる!」
そう思いながら本に穴が開くくらい読んでいます。

本当に何度読んでも飽きないのです!


日本ではなかなか手に入らない材料を
当時は好んで使っていたのですが(サワークリームなど)
りんごを使ったお菓子はよく作っていましたので、
りんごケーキのレシピを見ると思わず目が釘付けに
P1040024_convert_20120129004415.jpg

これなら日本でも簡単に作れそうです。

・・・でも時間が・・・
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/284-b0913338