-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-17 01:26 | カテゴリ:ピアノ
今年が始まり、まだ2週間ですが、
もう1ヶ月経ったような、そんな1月2週目を終えました。

「歳を取るのは嫌だー!!!!!」
と昔は思っていましたが、
でも歳を取った事で以前は分からなかった事に気がつくことが出来、
最近では「歳を取るのも悪くないのかな?」
と思ったりもします。

(でもやはり歳は取りたくないですけどねー!)

学生だった頃は時間が自由に使えていましたが、
仕事をするようになって、本当に自分の時間が作れなくなるんだ、
という事が最近よく分かるようになりました。

(こういう話はナンセンスだと指摘されましたが、
でも、だからと言って「どうこう云々」と人に訴えている訳でなく、
ただつぶやているだけですので、お間違えなく)

そして、先輩ピアニストの方々が
「学生の頃が一番幸せよ」
と言っていた意味が良く分かりました。

学生の頃は、それが全く分かりませんでした。
当時はこの恐ろしい試験の準備地獄から一刻も早く卒業し、
すぐにでも仕事がしたい!と思っていましたから。

でも今は、あれこれと考えて練習する時間が欲しいです。
今の状況では、あれこれ考え出すと曲数が全くこなせません。
・・・

1週間で仕上げた(?)ショパンのプログラム。
「あわわわわ・・」と言う感じでしたが、
本番数日前に大人の生徒さんが
「誰にでも経験出来ないスリルじゃないですか!羨ましい!」
と言われ、とても驚きました。

スリルは体には悪いけれど、
こういう考えもあるんだなって。
この”発想の転換”、人生には必要ですよね。
教えてくれた彼女には感謝の思いでした。


1週間ではやはり1週間の響き。
頭も指も1週間分の働き。
自分は所詮ただの人なんだなと撃沈しました。
(ウィーンの師匠は「いつでも弾けるように常に
プログラム3つ分くらいは持っておけ」と言っておりました。
そんなのは逆立ちしても到底無理なので無視していましたが
そういうスーパーマンも世には沢山いらっしゃいます)

でも課題山積の自分を発見でき、とても良い経験になりました。

このお話を頂いた時は正直あまり訳もわからないまま
お受けしたのですが(突然のお話には思考力が低下するのです
そのあと曲がなくて困りました。
そして、お受けして良かったのかと考え込みました。

でも、ここで自分の壁を作っていたら、
今ある学びには気がつけずに安穏生活を送っていましたし、
”愛の夢”も未だに手付かずのままでした。
そして、恥ずかしながら”子犬のワルツ”も手付かずでした。


そんなピアノ弾きいるんかい!って感じですか?
驚きですよね・・・

今回は時間が足りなくて色々と考えられずに心残りだったので、
少しリサイタルの曲を変えてチャレンジしようと思います。
そして、気合を入れなおします。

気がつけるという事は幸せなこと。
知らないという事は恐ろしいこと。

大学生の時に教えてもらった言葉です。
この意味も大学を卒業してから実感した言葉。

うーん。歳を取るってやっぱり悪くないのかも。。。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/276-97dad282
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。