2012-01-10 02:00 | カテゴリ:ピアノ
1月も早々と10日が過ぎました。
年明けから超速で時間が経過していますが、
最近よく思うのは
「私はこうやって歳を取っていくのだろうか」
ということ・・・


”愛の夢”に格闘してから数日が経過しました。
まだまだ指のコントロールが出来ておらず、
私が弾くと”愛の夢”が”愛の幻”になってしまいます
これではコンセプトが台無し。。。。

「客受けする曲」
がどうも頭から離れず、
結局みんなに最も愛されているであろう作曲家、
Chopinの曲でプログラムを組む事にしました。

といってもまだ完全にリストアップは出来ていませんが・・

コンサートの会場は恐らく、ですが、
震災で津波の被害があった所ではなかろうかと思っています。
その様なところでお客様に聞いて頂くには、
やはりChopinのような優しいメロディーが合うように思いますし、
今年こそは良い年になるように!という願いも込めたくて、
(被災者みんなの願いです)
このようなコンセプトにしました。


今日も特番で被災地のその後を放送していましたが、
”安らぎが得られるのは家族の団欒があってこそだ”
という被災者の衝撃的な言葉が胸に突き刺さりました。

今こうして当たり前のように受けている家族からの愛情。
何もない平穏な日々ではその有り難さ・大切さには
中々気がつけないですよね。
改めて、しっかりと感謝の気持ちを
常日頃から感じなければならないと思いました。

そして、もっと愛情深い人間になりたいと思いました。

今年の目標は
”愛の夢”(曲じゃなくて)を奏でられるようになれる事、
それをお客さんにも感じてもらえるように演奏できる事、
そして私自身も愛の夢が見られるように頑張る事です



LangLangの演奏、愛に溢れてる~w


スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/271-2298faca