2011-12-13 02:32 | カテゴリ:ことば
小さな気配り

最近私の中でよく考えるテーマです。

ホントに何気ない一言。
他の人は気が付かないかもしれないような事ですが、
私はその一言が言えるか言えないかは、大きな違いだと感じます。

先日大人の生徒さんから今後のレッスンスケジュールの
ご連絡を頂いたのですが、私はそこに彼の
”教わる”という立場での気配りを感じました

当然の様に思われるかもしれないですが、
最近こういう事が出来ない大人、沢山いらっしゃいます。

人に物事を頼んでそれっきり、という方もおります。
それを頼まれた方は一体どれだけ苦労したのか、
という事を考えないのでしょうか?
・・・もう、言葉もありません・・・


行動一つとってもそうですが、何気ない言葉にも
その方の人間性が垣間見えるような気がします。
って思った事はしないように、そして
って思った事は私も見習うように心がけています。

そのひとつが今日ありました

今一番厄介な雑用がリサイタルのチラシ作り。
ウィーンにいた時はこんなに立派なチラシは必要なかったし、
いつも誰かが用意してくれていたので苦労した事はなかったのですが、
日本ってホントすごいんですよね~。
何でここまで?って感じですが

「郷に入っては郷に従え」

訳も分からず作っております(苦笑)

そこで、気になったのが後援という二文字。
これがあるのとないのではリサイタルの信用度が違うんだそうです。
そうじゃないかとは思っていましたが、
今日ググってみて初めて確信しました。

そこで、つい2日前から後援依頼の連絡をしているのですが、
先ほど一つの会社からOKを頂きました。
ここ↑、実は社長の承諾がないとダメだと言われ、
依頼を受けて下さるか心配だったのですが、
☆さんがご尽力して下さったみたい☆
大変感謝しております

☆さんには震災の時にも大変ご心配を頂き、
その後も何かとお世話になっているのですが、
メールの最後にはこんな一言が添えられていました。

楽しみな演目ですね。演奏会の成功をお祈りしております。

「そんなの社交辞令じゃない」
と思われるでしょうけれど、
私にはそれでもその言葉に彼の優しさを感じ、
じーんと来てしまいました。

100%の確信を持っては言えないですが、
文面だけでも想いが篭っているかそうでないかは大体分かります。

どうしてなんでしょう?

日頃の行いのせい?

理由は分からないけれど、
でも98%の確率でそれは当たります。

やっぱり本物は見えない所に感じるのかもしれません

私も本物になりた-い
頑張ろう

*雑用だらけの為、コメ欄は閉じさせて下さいませ*
スポンサーサイト
トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/261-e36fb02c