2011-11-27 02:01 | カテゴリ:未分類
忙しい時こそ他人に気配りが出来るようになりたい

これは、私がウィーンに居た時から
自分のモットーとして心がけてきた事です。
(それが実際出来ていたかは分からないけれど)

でも、それが今日は逆に気配りをされてしまいました


今日は土曜日でしたが、私は仕事でした。
そして、母は不在でしたので夜は父と二人だったのですが、
父は「ご飯を買ってくるよ」と言ってくれたのに、
震災以降、体重が気になっていた私は
太るような物は食べたくなかったので
「私の分は要らないよ、適当に食べるから」
と言い、仕事に行きました。

でも仕事が終わってみると・・・
テーブルには2人分のお寿司がありました

父は私を可哀想だと思ったのでしょう。
きちんと2人分のお寿司を買ってきて、
そして私が仕事が終わるまで待ってくれていたのでした。

仕事でそんなに疲れていた訳ではなかったけれど、
でもそういう時の思いがけない心遣いは格別に嬉しいものですね。
父にはしっかり感謝をして、お寿司を頂きました。

本来ならば、私がこの気遣いをしないといけないのに!!
「なんて親不幸な娘だ!」
と心の中で反省もしながら・・・
(父を目の前に、言葉にして言うのは恥ずかしいので)

はぁ~、この歳にしてホント情けない・・

しかも、寝る前にお風呂に入っていた時に
「そっか~、今日ご飯作ってあげれば良かったんだ!」
と気が付きました・・・

一体どうしたんでしょうか・・・
あれだけウィーンにいた時に気を付けていたと言うのに。

忙しいからというのは、ハッキリ言って”言い訳”です。
その口実の元に、何かを見失いつつあるのです。

父には申し訳ないけれど、相手が身内で良かった。
他人様には失礼のないよう、明日から気を付けようと思いました。

明日も仕事ですからねー
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/250-72814413