2011-07-29 01:23 | カテゴリ:東日本大震災
この時期になると日本ではお中元商戦が
デパートでは繰り広げられています。

お国柄や私の社会的地位から見ても長年
そういう風習の世界とは無縁の地で生活していましたので、
「あ~、こんな事がそういえばあったなぁ。」
とちょっと驚きの目で見ていたのですが・・・

そんな私にも、このお中元商戦に便乗して(?)
お世話になった方へ贈り物をする、という機会を持つ事になりました
なんとなく今更ではありますが・・・
やっと大人になれたような気もします。

勿論、今までに何度も贈り物をした事はありますが、
デパートでお中元の品を見て自分で注文する事は今までなかったので、
ドキドキしながらデパートへ。

”人の喜ぶ姿を想像して贈り物を選ぶ”って、楽しいですよね
迷いすぎて・考えすぎて、中々決まらない事もありますが、
今回は絶対に蒲鉾と決めていました。

蒲鉾は生ものですし、夏場は非常に傷みやすい事からも、
手土産として持たせられない品物の一つですので、
この機会に!という事も理由の一つですが、
何と言っても今回は”復興支援”として、
宮城の蒲鉾がココまで頑張っているんだよ
という事を、美味しい蒲鉾を通して知って頂きたかったのです

今回の震災で、蒲鉾業界は甚大な被害を受けました。
政府の支援がどこまで行き届いているのかは全く分かりませんが、
蒲鉾組合では”笹かま救援金”といった、
一般の方々からのご協力も受け、徐々に復興しつつあります。

笹かまは宮城のかお
なくてはならない存在の一つだと思います。
その蒲鉾業界が、ここまで頑張って復興させている事は、
本当に嬉しい事ですし、被災者にとっても励みになると思います。

・・・だって・・・
私は震災直後「蒲鉾は後1年は食べられないかもしれない・・」
と落胆し、3月12日にお寿司屋さんで偶然にも白謙の蒲鉾を頂いた事を、
最後の奇跡の出会いたったんだと、そこまで誇大解釈をしていたのですから

その蒲鉾も、今ではお中元の品として発送出来る位、
以前と変わらないくらいの豊富なバリエーションを扱っており、
今回は数種の組み合わせの美味しそうなセットを頼みました

姪っ子も大好きな仙台の”さかさま”
(彼女はまだ子供なので、ささかまと言えません
絶対に喜んでくれる事は間違いなしですし、
これで応援消費にもなれば嬉しいですよね~!
納得の自信作です。(私は作ってないけれど。)


そんな政府に頼らないで頑張っている被災者、沢山いらっしゃいます。
今日も皆様のワンクリックで被災地支援を頂けたら嬉しいです



そして、お中元商戦では先日本場で食べた、
こんなもの↓もありました。
これ、なんだかお分かりでしょうか??
P1030780_convert_20110728004614.jpg

このお話はまた後日に
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/190-18fc4abb