-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-14 02:03 | カテゴリ:東日本大震災
今日もワンクリック募金、お願い致します



最近余震活動が非常に活発になっていますが、
耐震対策はおそらく今一番の国民の関心事だと思います。

今日は震度6強にも耐え抜いた、我が家の優れモノをご紹介します。
かなりの自信を持ってお薦めしますが、
土地の地盤や建造物の状況によって効果は左右されますので、
予めご了承下さい。



まず、薄型テレビ(日本では何と言うのか、未だ分かりません・・)。
これは、土台にジェル状の滑り止めを付けます。
これだけで完璧に強度の地震に耐える事ができます。
P1030654_convert_20110412005624.jpg
でも我が家のTVはかなり大きいので、ちょっとこれだけでは心許ない・・
という事で、伸縮性のある紐で上からも支えています。
P1030655_convert_20110412011211.jpg

ちなみに3月10日に我が家に遊びに来てこの耐震方法を
見たHさんは、早速その日にこのジェルを買って帰り、
翌日の11日の巨大地震からTVを守る事が出来ました!!
(彼女は紐なしでしたので、ジェルだけでも効果があるようです)



背の高い食器棚には、この突っ張り棒が有効です。
ただ、これは震度6強では外れます・・・
何故なら、震度6強だから
(震度4程度では外れません)
P1030656_convert_20110412010151.jpg
巨大地震後、父が棚の両端と壁にフックを取り付け、
釣り糸でこの様に補強しました。
*父曰く、釣り糸は大きなマグロを釣っても切れないのだから
相当丈夫なのだそうです・・・
P1030658_convert_20110412011106_convert_20110414020921.jpg
そして、先週の最大余震後、
釣り糸と針金で更に2重に補強しました。

効果の程は、まだ実証されていませんが、
恐らく完璧に近い耐震対策です。



そして意外にも認知度のかなり低い、ピアノの対策。
耐震対策は、滑らないようにする事で対策になるものと、
滑るようにして対策する2通りがありますが、
ピアノは後者、滑るようにします。
何故なら、足を動かないように固定してしまうと、
足が折れる可能性があるからです。

ピアノの足の下に、このようなお皿を置きます。
強度の揺れにピアノが耐えられ無くなると、このお皿が滑ります。
P1030659_convert_20110412011019.jpg
このお皿は調律師さんから購入出来るはずです。

ちなみに、本震も最大余震の時もピアノは動きました。



対策を充分にしていても防げない事は沢山あります。
その時は仕方がないです、諦めてください

地震で家具を支えていると、ご自身が逃げられなくなります。
(私はまさにこのパターン・・)
家具を支えるのではなく、机の下に隠れるか、外に出て、
倒壊物から身を守って下さい。

それと、出口も確保してください(玄関や窓を開ける等)。
ドアが歪んで出られなくなる事もありますので。


この情報が皆さんのお役に立つと嬉しいです。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/119-dbfa6745
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。