2011-03-18 10:26 | カテゴリ:東日本大震災
3月11日の大地震から一週間後の金曜日を迎えました。

携帯やPC、そしてこのBlogを通して沢山の方々に
安否をお気遣いくださるメールを頂きました。

電気・電話回線等の復旧により、暫くご連絡する事が出来ず、
皆さんに長い間ご心配をお掛けしてしまいましたが、
やっとこうしてBlogを再開する事が出来ました。

こちらは家族・家と共に無事ですので、ご安心下さい。


携帯やPCに何度もご連絡くださった方、
電話が繋がらない中何度もご連絡くださった方、
そして、何か手伝える事はないか・物資は必要ないかと
ウィーンを始め、遠方からご親切にお気遣いくださった方々に、
この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。

今は本当に困っている被災者の為に、少しでも早く物資が届いて欲しいですし、
その他の人に対しても、そのうち物資は供給されますので、
皆さんのお気持ちだけ、有り難くお受けしたいと思います。

皆さんのお気遣い、とても嬉しかったです。
本当にどうもありがとうございました。



本来ならば、一人一人にきちんとお返事を差し上げるべきだと言う事は
重々承知しておりますが、実際にかなり困難な状況です。
(私が出来る範囲ではメールを差し上げましたが・・・)

ウィーンの恩師や友人を始め、
海外に住んでいる友人からもご心配頂きました。
韓国の友人に至っては、本当に様々な手段を使って連絡を取ってくれ、
海外の方には情報が少ないだけに、その倍心配をお掛けしてしまいました。

そのような方々から仕事の業務連絡に至るまで、
このような形でお礼を述べる事が出来ない方には
一人一人にご連絡しているのですが、文を打つのが遅いため、
途方もなく時間がかかってしまい、既に数日費やしています・・・


このような形でお礼を述べるのは大変失礼だと承知しておりますが、
ご理解頂けると、とても嬉しいです。



ラジオでも言われていましたが、
TVで映っている所だけが酷いのではありません。
沿岸沿いは、全てあのような被害を受けています。

私が避難した小学校には、家が流されてしまった方、
ご家族を失われた方が沢山避難されています。

私の近所には車が流されてしまった人は本当に沢山おり、
もう助からないと思って最後の電話を掛けた人、
家や人が流される有様を目の当たりにした方も沢山います。


許せない発言をした石原都知事、
仙台に住んでいながらも自分は被害がなかったからといって
神経を疑うような発言をする方もいます。

平気でそういう事を言う人が、本当に信じられません。


事態は想像を絶するほどです。
ガスの復旧の目処も立たず、下水処理場も水没したようで、
そのうち下水が逆流するかもしれないと聞きました。

空港も公共交通機関も何もかもが元通りになるのは
いつになるのか、全く予測できないそうです。

避難している方が安心して暮らせるようになるのも
私が参加している炊き出しも、いつまで続くのか分かりません。


もし、このBlogをご覧になっている方でお気持ちのある方だけで結構です、
本当に本当に困っている被災者の為に何か手助けをしてあげてください。


詐欺の募金や悪質商法も流行っているそうですので、
それだけには、絶対に騙されないで下さい。



まだ余震も続くというのに、今は更に原発の問題で、
特に宮城・福島の人は悪夢を見ているような毎日です。
(ここにまで放射線が飛散しています)

1日でも早く避難している方々が安心して暮らせるようになるのと
1日でも早く被災地に平穏な日々が訪れるのをお祈りいたしております。


そして、今回犠牲になってしまわれた数え切れないくらい
多くの方々のご冥福を心からお祈りいたします。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://frauhiro.blog102.fc2.com/tb.php/113-b0c58244