2012-03-31 01:46 | カテゴリ:ひと
昨日から嬉しい出産ラッシュ

29日は北海道に住む従姉妹が男の子を無事出産しました。
かなりの難産で、陣痛促進剤を使い(そんなのあるんですね!)
赤ちゃんが出てくるまで半日かかったそうです。

そして、今日は徳島に住んでいる友人が
無事女の子を出産しました。
出産してから数時間後にメールをくれたのですが、
彼女も難産で矢張り促進剤を使ったそうで、
とても辛かったとメールにありましたが、
でも、とっても幸せと言っていました。

本当に二人とも、良く頑張ったね~!おめでとう


3月末が出産予定のお母さん達は、
子供の学年が上がるか下がるかに拘わる一大事なので、
何時産まれてきてくれるのか、とっても心配なんだそうです。

そういえば私が幼稚園の頃、私と同じ年の4月初旬に生まれた
学年が一つしたの男の子を不思議に思った事がありましたが、
今思うとそういう事だったんですね。

実はあともう二人、私の知人で出産を間近に控えている方がいます。
そのうちの一人は、私が震災以降に仕事がなかった時、
見ず知らすの私に対してとってもご親切に色々教えて下さった方

世の中にはそういう心のお優しい素敵な方って
本当にいらっしゃるんですよね。
そんなお母さんのお腹にいる赤ちゃんは、
きっとお母さんの胎教を受けて良い子に育つのだと思います

彼女は無事に出産したのでしょうか??

先月のメールには「出産したらご報告します」
とあったのですが・・・
明日メールしてみようかしら


昔はお産といえば、母体の生死にも関わる一大事でした。
そして結婚も一大事だったに違いないと思います。

今でも出産は勿論昔ほどリスクはないけれど一大事。
でも、結婚に関して昔ほど大切に考えていないのかな・・・
という感じを受ける事があります。
というのは、離婚されている方が多いから。

ポロっと「お父さんは○○なの~?」と聞いてしまって、
収拾がつかなくなってしまった事が何度あったでしょう。。
以来、その話題には安易に触れない事にしています。

勿論人それぞれに理由はあるので、離婚が悪いわけじゃない。
無理をして我慢する必要はないと思います。
でも、子供にしわ寄せが来るのは可愛そうですよね。

昔誰かが言っていましたが、子供は親を選べないと。

従姉妹と友人には、彼女達にとって
世界で一番幸せな家庭を築いていって欲しいですね


P1040138_convert_20120331014101.jpg
私の考え、間違ってなかったわ~~
スポンサーサイト