-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-06 01:24 | カテゴリ:教育
Blogをご無沙汰しているうちに
すっかり春めいてきました。

春は学生達にとっては
大きな飛躍となる季節ですよね

明日は公立高校の入試。
中3生の生徒達にとってはおそらく、
人生で初めての大きな勝負。

泣いても笑っても明日は勝負の日。
明日の試験のために、
私達はずっと一緒に頑張ってきました。

数学が一番の苦手だった☆さん。
今では数学が得意科目になり、
試験でも高得点を狙える様になりました。
彼女の成長は勿論、指導をしていて感じていた事ですが、
昨日、改めて生徒のお母様より
「通塾する前はとにかく数学で毎日泣いていました。
ここまで出来る様になったのは先生のお蔭です」
という、嬉しいお言葉を頂きました。

思いがけない一言に、
今までの事が一気に思い出され、
涙が出そうになりました。

指導してこんなに嬉しかった事はありません。

当初はとにかく、数学のとても苦手な生徒でした。
どうやったら分かってもらえるんだろうと、
何パターンもの解説を考えました。

それでも初めは出来なかった。

でも、諦めないで、生徒と一緒に何度も何度も
とにかく問題が解ける様になるまで
繰り返し繰り返し、頑張りました。

今は出来なくても大丈夫。必ずいつか出来るから。


この暗示掛けが良かったのかもしれません。


明日は今までの努力が報われる様に、
心から彼らの頑張りをお祈りしたいと思います。

スポンサーサイト
2013-01-24 01:10 | カテゴリ:教育
気が付けば1月も既に下旬ですね・・・

すっかりBlog更新を怠っていた為、
何人かの方にご心配をお掛けしていました。

皆様のお心遣いが本当に嬉しかったです。
どうもありがとうございました
私は至って元気ですので、ご心配なく。


とはいえ、色々なトラブルが新年からありました。
私はその件に関しては一切悪くはないのですが、
相手の気持ちを汲み取らないが故に生じる問題、
ご自身の思い込みだけで話を進めて行くが故に生じる問題。

大切なのは、常にそこには相手が介在すると言うこと。

それを忘れてしまってはいけないと感じました。

最近は仕事の雑用も多く、
Facebookを全く見ていなかったのですが、
昨日ふとFacebookを見てみたら、
こんなコメントがUpされており、とても共感しました。


人の気持ちを汲み取った会話が 最近は成り立たない



人生は本当に常に勉強。
良い経験になりました。

2012-12-27 01:30 | カテゴリ:教育
年末は案の定ホッと出来なくなってしまいました(涙)

コンクールの全国大会の生徒、
なんと本選が年明け早々なのです。
そんな時期に本選を開催するコンクールって何なんでしょうね。

そして、未だにスパートが掛かりきれていない生徒。
毎回言ってるのに、毎回言われているのに、
全然学習していない生徒・・・
ホント準備が遅すぎ。
でもね、私の生徒ですから私にも責任はあるんです。
やっぱり最後まで頑張って欲しい。

頑張れーーーーーーーーーーーー

そして、塾の生徒達。
私立入試が一ヵ月後に迫り、過去問や予想問題で
傾向と対策を立てないといけないのですが、

なんと・・・

意外や意外(?)にも
最後の設問は一筋縄ではいかない問いが多く
お蔭で生徒が分かる様に、幾つかの解説パターンを
考えなければならない事に気がつきました。

う~ん、もしかしたら生徒の様に若くないので
頭に柔軟性がないのかもしれないすけれど・・・

何故か私までもが受験生みたいです

おかしいな~。
こんなはずじゃなかったのにな~。
でも、
”受験生を取り巻く皆が大変”
受験って、こんなものですよね。
2012-12-04 01:21 | カテゴリ:教育
×より○がよく見える
「心の目」を大切に


今月はこんな事に意識をしながら、
常に自分の心に敏感になって生活をしようと思っています。


最近”心のあり方”について、
すごく意識を払うようになりました。

意識しなければ、絶対に心の小さな変化に
気がつくことはありません。
そのくらい、心ってコロコロ変わっているし、
そのくらい普段は心の動きには注意を払っていません。

心の動きに敏感になると、音楽も敏感に感じられ、
演奏の仕方も変化してくるような気がします。
そして、人への接し方や言葉の言い回しも
変わってくるように感じます。

どんな事象であっても、
全てはその人を表す心の鏡。
常に素敵な人間でありたいと思います。



周りを見渡して見ると、
不平不満を言っている方が多い様に感じます。

欠点をひと度目にしてしまうと、
今度はそれがどうしても頭から離れなく、
連鎖的に欠点ばかりに目が行く事がありますが、
これは非常に損をしていると思います。

長所って見つけようと思わなければ、
欠点よりも目につきにくですが、ひとつ見つけると、
「あ、ここもここも」といった風に
次々と発見できる事があります。

要は欠点と同じなのですが、
長所の方が断然皆さん見つけるのが苦手です。

私はよっぽどの事ではない限り嫌な事でも気にならないので、
(ただ鈍いだけかもしれませんけど(笑))
それが何故なのか、私にはよく分かりませんけれど、
それを克服するには、小さな事から
感謝を始める事ではないかなと思います。

ありがとうとごめんなさいを言える心


忘れないで欲しいです。
2012-11-10 01:59 | カテゴリ:教育
いかなる場合であっても

礼儀は足らないよりも過ぎたほうが良い

トルストイ


礼儀や常識のない人が多すぎます。

残念な事に、生徒の親御さんにもそれを感じる事があります。

自分の事だけじゃなくて、
自分の子供の事だけじゃなくて、
もっと沢山の事を考えて欲しいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。