2012-11-27 02:12 | カテゴリ:ピアノ
新しく出来たホールでの演奏会が終わりました。
一曲しか演奏しなかったのにも拘わらず、
職場での大先輩の先生にも来て頂き、
友人・知人、また生徒さん達にもお越し頂き、
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました

贈り物も頂いてしまい、とても恐縮ですが・・・
とっても嬉しいです
P1040533_convert_20121127023744.jpg素敵なクリスマスリース☆

P1040530_convert_20121127023825.jpg勿体無くて食べられなーい!

P1040537_convert_20121127023919.jpgお花の中にリボンが隠れています♪

他にも幾つか贈り物を頂きました。
心温かなお心遣いをありがとうございました


で、肝心の新しいホールの感想ですが・・

以前に試弾した方のコメントがFBに掲載されていて
「素晴らしかった」とあったので楽しみにしていたのですが、
う~ん・・・
ちょっと残念でした。

お客さんが居ない状態では素晴らしかったのかもしれませんが、
お客さんが入った事によって音が吸収されてしまっていました。

演奏していても自分の音がよく聴こえず、
会場にいた人にもあまり音が聴こえなかったみたいで・・

ガンガン弾いていた方の演奏は別でしたけど、
繊細に弾いていらっしゃる方の演奏は確かに聴こえにくかったです。

ホールの残響を考えて設計したのかしら??
と思わず考えてしまったのですが、
天井が高すぎる為に音が拡散しすぎて客席に音が届かないのです。
優しい・柔らかい雰囲気を出したかったのですが、
それはあのホールには弱すぎたようでした。

そして、ピアノも新しいせいなのか高音部の鳴りが悪く・・・

やっぱりピアノ演奏って難しいと感じました。
そして自分の腕もまだまだ修行が足りないと感じました。

音楽って本当に死ぬまで勉強なんですね。
これで良い、という事は絶対に有り得ないんだと確信しました。


まだまだ私はひよこだわ・・・
スポンサーサイト
2012-10-08 01:17 | カテゴリ:ピアノ
10月の1週目が終わってしまいました・・・
年末までは時の流れが更に加速し、
怒涛の如く過ぎ去って行きそうです。

おそろしや

実はもうすぐ音楽教室の発表会があり、
そこで講師演奏をするのですが、
その曲を練習するのをすっかり忘れていました。。

う~ん。。
正確に言うならば、他の事に気を取られていて、
練習する気が全く沸かなかったのです・・・

今はこの曲に釘付けです。(覚えられなくて・・)


とっても美しい、大好きなこの曲。
ずっと弾きたいと思っていたのですが、なかなか演奏の機会がなく、
今月末にある演奏会で弾こうと思って譜読みし始めたのですが、
びっくりするぐらいに弾きにくいです。

本当にビックリデス。

「これってBachかい?!」
と思うくらいに4つのパートが複雑に絡んでいます。
もう指も頭も絡まった感じで、脳みそが限界を感じています。

やっぱりGilelsは凄いですね。
比べ物にならない程に美しすぎます

これを可能な限りGilels風に近づけて(笑)
勿論暗譜で弾くつもりなのですが、
果たして間に合うのでしょうか?!

複雑すぎて、驚くほど全く覚えられません。


・・発表会はあともう少しなんですけどね、
でもその曲の練習どころではないのです・・

へなちょこヒヨコ、もうダラダラしている場合ではありません。
今までダラダラしすぎました。
明日から発表会の曲も練習せねば

発表会まであと一週間。
頑張るしかないぞ・・・
2012-09-18 01:54 | カテゴリ:ピアノ
今日は矢張り、想像以上に素晴らしい休日となりました。

☆さんとは例によって涙が出るほど大笑いをし、
帰る頃には二人とも憔悴しきっていましたが(苦笑)、
まぁ、これも良しですよね
本当に楽しいひと時でした。

☆さん、いつもどうもありがとう


今日は敬老の日だったのですが、
いつも迷惑をかけ、そして寛大な理解を示してくれている父に
感謝の気持ちを込めて日本酒を贈ろうと、
実はずっと前から考えていました。

私はお酒は全く分からないので、
お店で銘柄を決めれば良いかな~、と考えていたのですが、
”今月出来たばかりの新酒で今しか出回らない限定品”
と言う言葉に惹かれ、【仙台駅正宗】を即決。
(写真の左のお酒。昔の字体なのでPCでは打てません・・)
ちょっと奮発しちゃいました

P1040419_convert_20120918013756.jpg

”仙台駅正宗”(仙台の地酒)は
宮城県産のひとめぼれと、泉ヶ岳の麓のお水を使用したお酒。

冷おろしとは、春先にしぼられた新酒に火を入れ(加熱処理)、
夏の間ひんやりとした酒蔵の中でお酒を貯蔵して熟成させ、
秋になって蔵の中と外の温度が同じになる頃から
冬にかけて瓶詰めして出荷したお酒のことで、
「秋の季節酒」と言われているそうで、
この時期のみの販売なのだそうです。

この駅正宗は仙台駅に入っているお酒屋さんか、
仙台駅ビル・S-PALでしか購入出来ない、まさに限定品なので、
飲んでみたいと思われた方はお気をつけ下さいませ。

甘口のお酒ではありませんが、甘酒のような麹の香りがし、
飲み口と後味が変化する、非常に美味しいお酒でした。
(注:お酒のレポートには、私は不向きです・・

折角なので、冷おろしと普通の日本酒を飲み比べ
飲み物は中身も去ることながら器も大事。
おちょこも、折角なので津軽びーどろと切り子で、
そして、おつまみに北海道のお土産を頂きました。
P1040426_convert_20120918013916.jpg

う~ん美味
日本酒ってこんなに美味しいんですね。
何度か飲み比べもした事はあったのですが、
この駅正宗のおかげで日本酒が好きになりそうです。

本当に今日は素敵な休日となりました


でも、お酒を飲んだ後はやっぱり私は使い物にならず・・・
お酒に飲まれてしまいました

やっぱり私はお酒には不向きなのかしら。。。
2012-09-09 01:10 | カテゴリ:ピアノ
ピアノの王様と言えば矢張りスタインウェイ。
(下の記事でLanglangが弾いているピアノです)

今思い返して見ると、
留学時代の大学のホールにあったスタインウェイが
今まで生きてきた中で弾いてきたピアノで、
最も優れた、素晴らしい最高の楽器でした

特にピアノ科のホールのスタンウェイは
格別だった様に思います。
それは、同門のとても優秀だった友人も言っていました。

「この楽器で上手く弾けないのは全て自分のせいだ」と。


”弘法筆を選ばず”

という言葉がありますが、
実は弘法様は上等な筆しか持っておらず、
その中からでは選ばずしても上手に書ける、
なんて笑い話を聞いた事もあります。

でも、これはあながち間違っていない様にも思います。


音のバランスが悪いピアノ、
打鍵の微妙なニュアンスが伝わらないピアノ、
金属的な音がするピアノetc・・・
言い出したらキリがないくらい、
様々な状態の、良し悪しのピアノがあります。

でも、ピアニストの宿命は
例えどんな状態のピアノであっても
そこにあるピアノで弾かなければいけないという事。
お気に入りのピアノで演奏する事は出来ないのです。

だって、運べないもの
(でも、有名なピアニストは演奏会の度に
自分のピアノを運んでたという話も聞いた事あります。)

「良いピアノだったら、
もっと違う風に聴こえたかもしれない」
何て事は数え切れないくらいあります。

でも、それは言い訳。
自分の腕が悪いから綺麗に鳴らせない。
どんな状態のピアノでも、
そのピアノにとっての良い音はあるはず。

それを瞬時に出せるようなピアニストが
本物なんじゃないかと思います。

本番で初めて出会うピアノと
如何に瞬時に仲良くなれるか。
永遠の課題の一つです
2012-07-06 01:36 | カテゴリ:ピアノ
大人の生徒さんが先日、
「この曲、今しか弾けない季節物だから」
と言って、雨だれ(ショパン)を持ってきてくれました。

「あ~!なるほど!!そうですね
とそれを聞いて感激したのですが・・・

よく考えてみたら、私もそんな季節物を弾いていましたし(笑)、
他の生徒さんにも季節物を与えていました↓


この曲はチャイコフスキーの「四季」という曲集からの抜粋で、
”6月・舟歌”、ピアノレスナーには知られた曲です。

先月、その生徒さんが大人の発表会でこの曲を弾きましたが、
上手に弾けた様で、皆さんに褒められたそうです。
(私は別の所用があり、不参加でした。)

「先生の選曲、本当に素晴らしいですよね!!
この曲で助かりました
と生徒さんは大変喜んでいましたが、
それだけではないのですよね。

彼女を引き継いでから、まだ一年は経っていませんが、
彼女は驚くほどに上達したのです。
それは彼女の努力の積み重ねの結果。

継続は力なり

きっと身を持って体験してくれた事でしょう。


それにしても季節物はやはり臨場感溢れて良いですね。
明日のおやつには私も季節物を頂こうと思います。

P1040321_convert_20120704010428.jpg三陸銘菓

震災復興に皆さんもご協力くださいね。