-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-26 01:30 | カテゴリ:ウィーン生活
遅まきながら・・
Merry Christmasでしたね。
きっと皆様、素敵なクリスマスを迎えられた事と思います

私は先週に今年最後の弾き納めをし、
あとはレッスンと塾指導の仕事のみになりました。
少しホッと出来るような、出来ないような・・
微妙な年末です(苦笑)


ウィーンでキリスト教文化圏のクリスマスを経験してからは、
私は日本のクリスマスには何も感じなくなってしまいました。
P1010497_convert_20101223012959.jpg


文化の違い・宗教の違い・人種の違い・
様々な要因がありますが、やはりクリスマス本来の意味を知らずして
クリスマスをただのイベントとして扱い、ギラギラと飾り立てるのは
・・・と思ってしまうのです。

勿論感じ方は人それぞれです。
変な人だな、と思われた方はスルーして下さい・

音楽の始まり。
それはその昔、神にささげる物として発展しました。
その事もあり、キリスト教に興味を持った私は
大昔に聖書を少しですが勉強した事があります。

私はキリスト教信者でもないし、
特別な宗教に片寄りしている訳でも有りませんが、
良いなと思ったものは素直に取り入れたいという思いがあります。

それは以前、ウィーン人の友人のご両親も仰っていました。

キリスト教にも仏教にも、
とても良い信仰は沢山ありますからね。

そんなこんなで、クリスマスミサにも
参列した事があるのですが(スゴク気が引けましたが・・)
涙をこらえるのが大変な程、感動した気憶があります。

”きよしこの夜”

日本語で”きよい”と言われてもピンと来ないのですが、
ドイツ語で歌うと、
”Stille Nacht, heilige Nacht"
まさしく
”静かな夜、聖なる夜”= ”清しこの夜”なんですよね。


当たり前すぎて「何言ってるの?」
って思う方、沢山いらっしゃると思いますけど、
でもこの冒頭だけで私の中では
一大センセーショナルが起こっていたのです


初めてこの歌の意味を、
そしてこの題名の意図する所を知り得た瞬間。

それは今でも忘れられない、大感動の瞬間でした。

だからなのかな。
クリスマスは厳かな雰囲気で、
しっとりと過ごすのが好きです
スポンサーサイト
2012-10-12 01:12 | カテゴリ:ウィーン生活
今日は早朝の会議から夜遅くのレッスンまで頑張りました。
もう、ヘロヘロです~~~~~。
その原因、実はもう一つあるのですけれども。。。



数年前の10月12日にウィーンで作った
ベリーのタルトの写真が何処からか出てきました。

10月12日我が家でお食事 001

当時はタルト生地も自分で作って焼いて、
それからカスタードを絞りいれて焼いて、
そして上からかけるベリーのソースを作ってetc・・・

こんなに手間をかけていたなんて
今となっては信じられません。

お菓子の本や以前に自分で作った写真を見ると、
ウィーンでのお菓子作り三昧だった生活が懐かしく、
そしてその生活だけを求め、ウィーンに帰りたくなります。

今はお菓子作りはほぼ皆無。
だから心が時々病むんだと思います。

お菓子作りの力って私にとっては
音楽を演奏する力と同じくらい、
パワーを秘めているみたいです
2012-09-22 01:23 | カテゴリ:ウィーン生活
数年前にこの映画を見て大泣きをしました。



その中で、最も印象に残っている言葉が
この上の映像でも沢尻さんが言っている

”手紙は命よりも大切な事もあるんだ”


と言う事。

本当にそう思います。

たった一枚の紙切れだけれど、
そこには沢山の想いを込める事が出来るし、
その一枚を受け取る事によって、
相手に大きな力を与えてくれることもあります。

私は”手紙の力”は時として、計り知れないくらい、
とても大きな力を持つ事があると思っています。

だから、手書きの手紙は大好きです

まだこの映画をご覧になった事がない方は
是非見てみてくださいね。

2012-01-29 01:27 | カテゴリ:ウィーン生活
ウィーンにいた頃は毎日レシピ本を眺めていました
お菓子を作るのは食べるよりも好きで、
お菓子を人にあげるのも食べるより好きでした
そして、何よりも一番好きだったのは
おそらくレシピを読む事だったのだと思います

そのくらい、お菓子の本を読むのは大好き。
P1040022_convert_20120129004342.jpg

むこうの本(洋書)は結構可愛いものが多く、
本にリボンが付いていたり、スプーンが付いていたりします。

そして、何と言っても分量がとてつもなく多いです。
「一体何人で食べるんだろうか・・」というくらい。

なので、いつも私は適当に分量を変えたりアレンジして、
自分のお気に入りの改良レシピを書き集めていたのですが、
なんと、その一番大事な肝心のレシピを
”荷物が重すぎる”という理由だけで
完全帰国の際に持ち帰るのを断念してしまいました

今思うと「何故あんな事をしたんだろう・・・」
と悔やまれてならないのですが、時既に遅し。

私の手元にはもうありません・・・

あああぁぁぁ

未だに後悔の念は消えませんが、
でも「このレシピ本がある限りはいつか必ず又作れる!」
そう思いながら本に穴が開くくらい読んでいます。

本当に何度読んでも飽きないのです!


日本ではなかなか手に入らない材料を
当時は好んで使っていたのですが(サワークリームなど)
りんごを使ったお菓子はよく作っていましたので、
りんごケーキのレシピを見ると思わず目が釘付けに
P1040024_convert_20120129004415.jpg

これなら日本でも簡単に作れそうです。

・・・でも時間が・・・
2011-10-21 02:08 | カテゴリ:ウィーン生活
今までかかり、ドイツ語でメールを書いていました。
友達宛てにではないので、丁寧に書いたつもりですが、
果たして文法が合っているのでしょうか・・・

ドイツ語で文章を書くとき、
ちょっとでも文法を間違えると全く意味が通じなくなります。
話す時も然りですが・・・
とっても心配です


本来ならば11月にウィーンに行く予定でしたが、
折角お休みを続けて取った週に生徒のコンクールがあり、
先生が遊びに行くのは(遊びに行く訳ではないですが!)無責任だよね~
と思い、悩んだ末に行かない事にしました。

結局色々な事情によって、年内は渡欧不可能になったのですが、
嬉しい事にウィーンでお世話になった方々が一時帰国される事になり、
思いがけず年末年始にお会いできる事になりました

こうして今も仲良くしていただける事に、
本当に心から感謝したいです


最近は嬉しい事に(?)日本の生活に追われすぎて、
時々ふとした時に
「私は本当にウィーンに住んでいたのかしら?!」
と思い、悲しくなる事があります。

P1000609_convert_20111021013213.jpg
帰国前に住んでいた近所の、特別でも何でもない景色。

でも、私はこの青い空とその下に建つ教会、
そして木々の緑の組み合わせがとても大好きでした。

”これさえあれば何も要らない!”
というくらい、大好きな大好きな景色。

この青い空を見ているうちに、
楽しかった思い出や辛かった思い出が甦り、
なんだか胸が締め付けられるような思いがしてきました。

私は何で今ここにいるんだろう?
何でここなんだろう??

でも、どこに居てもこの同じ青い空の下では
全てが通じ合っている。
生きていれば、又いつか必ず会える。

(・・って、いきなりスゴイ飛躍

そんな日を夢見て、明日も頑張りまーす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。