2012-12-07 01:12 | カテゴリ:飲み物
毎朝必ず豆から挽いてコーヒーを飲むほど
コーヒーが大好きなコーヒー族ですが(笑)、
たまに美味しい紅茶で頂くTea timeも好きです。

紅茶を淹れる時は大抵、何のお菓子を頂くかによって決まります。
コーヒーでは風味が消えてしまうお菓子もありますからね。
でも、最近ではそういうお菓子は食べなくなりました。
日本に帰ってきてからは”和菓子”に釘付けなので、
そういう時は日本茶なのですが、これがまた至福の時です

ま、それはさておき。

先日記事にした、マレーシアのお土産ですが、
実はドリアンの飴と一緒に
マレーシアで有名な紅茶も頂きました。

マレーシア=紅茶で有名?!
紅茶ってインドじゃないの??

全くこの図式を知らなかったのですが、
このBOHというメーカーは英国王室御用達の一つだそうです。
P1040507_convert_20121115020804.jpg

マレーシア産で何故、英国なのか。

それは大昔、マレーシアはイギリスの植民地であったことに
由来しているのですが、BOHの紅茶が作られている
キャメロンハイランドは英国統治時代から
紅茶のプランテーションで有名でした。

そのキャメロンハイランド高原ですが、
・熱帯雨林気候による膨大な降雨量と温暖な気候、
・長い日照時間、
・昼夜の温度差、
・適度な霧の発生、
・水はけの良い弱酸性の土壌など
 
により、紅茶栽培には理想的な環境であり、
非常に豊かな風味と香りを持っているそうです。
年間生産量が、わずか4000トンということもあり、
紅茶通には「幻の紅茶」と呼ばれ、非常に高い評価を受け、
英国王室やマレーシア王室で愛飲されているそうです。


・・と美辞麗句を並べてみたワケですが(笑)
お味の方もそれに匹敵するくらい、とても美味しいです。

コーヒーならば少しはコメントも出来るのですが、
紅茶は通ではないので、的確な表現は出来ませんけれど・・

普通の紅茶よりも遥かに美味しい事には間違いありません!
皆さんも機会がありましたら是非試してみてくださいね。
スポンサーサイト
2012-10-23 01:23 | カテゴリ:飲み物
秋は美味しい食べ物が沢山ありますね。

P1030873_convert_20120704010915.jpgほおずきって食べられるんですね!

でも、ここ最近はあまり何かを食べたい!
と思うような事がなくなってきました。
以前よりも何故だかお腹も空かないし、
美味しい物を少し食べただけで満足してしまいます。

これって歳の証拠?!

それよりも、むしろ・・・

お酒が飲みたいと思う様になってしまいました。。

私を昔から知っている人はビックリしているでしょうし、
私を良く知っている人は真っ青になっているかもしれません

そのきっかけを与えて下さったのは作りを
教えてくださった☆さんのおかげ。

手作りワイン。
日毎にその味が変化していくのですが、
その様子がまた楽しくて・・・
やめられなーい

P1040454_convert_20121023013338.jpg

この勢いでいくと、そのうちBlog名が
”酒と音楽とラララ”になりそうですね・・・

・・・アル中かーいっ!

ちなみにワインを飲むと、もっとお腹が空かなくなります。
これってダイエットに良かったりするのでしょうか???
2012-10-06 02:12 | カテゴリ:飲み物
数日前から家で、なんちゃってを作っています。

大人の生徒”☆さん”から作り方を教えていただいて
100%のグレープジュースをベースに発酵させています。

これが何と、飲んでみてビックリ!
ウィーンで9月中旬頃から1週間くらいの
期間限定で出回るお酒、”Strum”に良く似ているのです
(ワインになる前(寸前)の状態のお酒)

P1040440_convert_20121006023211.jpg
↑カップについている気泡は発酵している証拠(炭酸)。
見えますか??

炭酸ジュースのような、それでいて少しアルコールを含んだ、
ぶどうジュース+ぶどう酒÷2
みたいなお味です。

この秋、はまりそうな飲み物になってしまいました


この☆さんは色々な事を教えて下さるので、
いつもレッスンが楽しく、又楽しみでもあります。
腕前も上級ですしね

ちなみに、☆さんのレッスンでは私も☆さんも
大笑いしている事が良くあり、
心にも脳にも体にも良い時間を過ごせています

これにはもう、ただただ感謝ですね
2012-05-24 01:56 | カテゴリ:飲み物
今日も仕事が終わって家に着くとゲッソリでしたが(笑)
とても嬉しい事が幾つもありました^^
このお話は長くなりそうなので、
後日にUpしたいと思います。


疲れた時には本当は夜には食べてはいけない
甘いものとお茶を飲むのが、私の至福の時です

最近よく我が家に登場する新しい味のお茶。
これ、何だと思いますか??

P1040249_convert_20120515004104.jpg

菊の花と薔薇の花です。
それに烏龍茶を入れると、こんな感じになります。

P1040248_convert_20120515003950.jpg

台湾もお茶が有名ですが、
中国には本当に沢山のお茶の種類があります。
烏龍茶ひとつ取っても様々な種類があるそうで、
熟成度や年代物によってお値段もピンきり。
まるでワインのような飲み物です。

そんな中国3000年のお茶文化(?)を
堪能して来た両親が現地で頂いたお茶の一つがこれ。
とても珍しくて美味しかったそうで、
”お土産に”と、買ってきてくれました

お味は当然ですが、菊の味がします。
たんぽぽのような味もする気がするし、
草みたいな味がするような気もします。
今までに飲んだ事の無い、不思議なお味です。

慣れると美味しいと感じますが、
初めは菊のにおいが結構するので、嫌な方はダメかも・・
と言う感じですが、機会があれば是非一度お試し下さい。

珍しいし、なかなか手に入らない物なので
ちょっと嬉しい、得した様な気分に浸れます

ちなみに、中国の烏龍茶は日本のように淹れても茶色くならず、
綺麗な黄金色になりますし、紅茶のようなお味で美味です。
日本で市販されているような、ドス黒い色はしていませんし、
渋みもエグイ感じも全くしません。
勿論お値段によってお味は全く異なりますが・・・

飲み物にも、その国の風土や文化・特色が
反映されているように思います。
ロシアではウォッカが飲まれるのには理由があるように、
中国では薬草的なお茶が飲まれるのには理由があります。

色々な面からその国の文化を見てみるのも
とても興味深い事だと、改めて思いました。
2011-08-06 02:00 | カテゴリ:飲み物
明日から仙台七夕祭りが始まります。
復興に向けて頑張っている被災地を
皆さんのワンクリックで応援してください



ここのところ、梅雨に逆戻りしたような
ジメジメしたお天気が続いています。

気温は高くないものの、湿度が高い・・・
私にとっては、それだけで暑苦しいです

そんな暑~い夏になると、
決まって必ず毎年困る事がありました(あります)。
それは
「アイスを食べに行こう
と誘われる事・・・

実はアイスクリームを自分から食べたい!と思った事、
記憶が辿れる頃まで遡っても、殆ど無い、のです。

女の人には滅多にいないですよね。
だから、尚更言いにくい


そして、もう一つの困る事は、
「アイスコーヒーを飲み過ぎる」
と言う事。

コーヒーはあんこと同じくらい大好きなのですが、
濃い目のブラックで飲むのがとにかく好き

なので、だいたい夏の中盤頃には胃が痛くなり、
時には肌も荒れます・・・

先月の某新聞に
「コーヒーを沢山飲む人は、シミが出来にくい」
とありましたけど、大ウソですよ~

ここに、それを全く実証できていない人がいますので!!

コーヒーは肌には悪いと思います。
だって、色があんな魅惑的な色をしていますから・・・

ですので、せめて肌だけは綺麗になりたいわ

と言う事で、最近はこんなモノを飲んでいます。
(Sさんより、オススメいただきました)

アルプロ 豆乳 ナチュラル 1Lアルプロ 豆乳 ナチュラル 1L
()
アルプロ

商品詳細を見る


こちらはウィーンで良く見かけた豆乳ですが、
当時は豆乳に抵抗があり、結局一度も口にする事はありませんでした。

未だ効果の程は表れていないのですが、
ウィーンに居る時から飲んでおけば良かった・・と、
ちょっと後悔しています。

だって・・・


向こうで思いっきり強度の紫外線を浴びていましたから



前方に座っているお兄さんと、なんら変わらない私・・